北京で働くことになった女の日記。 異国に住む事と働く事って、こんなに辛くて、そして楽しい。



北京的天気

Click for Beijing, Beijing Forecast



東京の天気

Click for Tokyo, Japan Forecast



カテゴリー



月別アーカイブ



コメント感謝!



リンク集



トラックバック

アダルト系は、独断で消去します。2007/4ヒサ子



RSSフィード



介紹一下(プロフィール)

ヒサ子

Author:ヒサ子
birth~1998年広島在住。
1998~2006年東京在住。
2007~北京在住予定。

好きな食べ物:セロリ、大葉
マイブーム:ひきわり納豆    



直接メール!

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北京での引越暦(2007年頭~2008年末頃)
北京に来てもう1年10ヶ月。
早いような短いような。
私はこれまで4回の引越を体験している。
なんとこの短期間で、5箇所の場所で住んだ。

最初の家は、会社が準備してくれた『龍頭ホテル』(2007/2月25日~3月3日)
20070226000634.jpg日本語対応あり、バスタブあり、日本のホテルと変わらぬ感じに日々浮かれる余裕もなく場痰キューしていたあの日々。懐かしい。

次に、会社の人に進められて住んだ『後現代城』(2007年3月3日~2008年2月28日)
20070422234406.jpg
ベッドが大きくて全体的に広くて快適。まわりにはスーパーもドミノピザも遅くまでやっているネイル屋も靴も直してくれるクリーニング屋も、暖気のあたたかさも、湯の快適さも、全てがあり快適。でも香港出身とうそぶくデリカシーのない大家が嫌だったのと、中国らしからぬ満ち足りた環境に味気なさを感じ、五輪前の値上がりを機に切れて退去を決意。


中国で、実質自分の意思で行ったはじめての引越。住む予定の家にまだ入居者がいたので、期間限定で住まわせてもらった友達Hちゃんの家(2008年2月28日~3月20日)
(写真なしだがこんな感じのところ)
070425_1248~0001.jpg風水が悪いのか、正直、熟睡できなかった日々。でも日本人の友達との生活は楽しかった。でも出歩いていてほとんど一緒にごはんを食べれなかったっけ。懐かしい。

次、日本に帰る人の後釜として住んだ東直門の名前も忘れたアパート(2008年3月20日~6月28日)
DSCF0093.jpg
暗い空間とゴキブリと絶不調に悩まされた日々。なんか体調も悪かったような。。。入居1週間で洗濯機から水漏れ事件があった。五輪前の値上がりを機に、引越を決意。大家には一度も会ったことがなく我愛我家(ウオアイウオジァ)という最低不動産チェーンでひどい対応を受け、中国人が一気に嫌いになった。

そして、その後、ヨウワ宮の川沿い、老築化の進んだマンションに住む(2008年6月28日~現在)
DSCF0184.jpg
sinkyo1
エレベータは24時まで。しかもエレベータおばちゃん付。まわりには老人が多くすみ、井戸端会議に花を咲かせている。近くにスーパーはおろかクリーニング屋も靴修理屋も、ネイル屋もピザ屋もない。おまけに暖気も効きがわるく、北京にしては寒い室内。
それでも。私はこの家がかなり好きである。
■理由■
①大家さんが、とてもいい人である
(土俗で勝手に上がりこまず、しかも必ず親子でやってくる。家賃の支払い時も数を数えることなく、信頼してくれている。困った事があったら必ずすばやい対応を示す。娘が日本へ留学するのもあり、親日派。)
②スーパーはないけど、青空市がある
(朝8時ごろには開店している。夜は8時9時くらいまで店を出している。大体の果物・野菜はそろう。
 農薬は心配だが、洗うので大丈夫。相当安い)
③川沿い・公園近くのマイナスイオン満載の環境と、北京ならではの古い建築物が毎日拝める
(なごむ。会社は遠いが切り替えをするときがとても快適。)
④近くに中華料理屋がある
(私の好きな酸ラータンがある)
⑤エレベータのおばちゃんが意外と良い
(私が日本人だとわかると、日本土産でもらったであろう梅昆布茶や、赤味噌をくれた。たまに果物などお返しをする事にしている。それ以外にも、情報源にもなるし、安心材料でもある。単に地元民との交流を通して、本当に住んでいるンダナ~と感じることができる。)

というわけで、今の家が好きです。


片桐はいり
先日まで、アラフォーを土豆ワン(無料で見れるサイト)で見ていた。
天海祐希って本当に年を重ねていくほどに素敵な感じですね。
藤木直人にもキュンみたいな・・・(学生の頃ちょっと騒いでいたな)

で、片桐はいりさんが藤木直人のお姐さん役で出ていた時に思ったんです。
『そんなに驚かない』自分がいると。
昔テレビで片桐はいりさんを見るたびに、その独特すぎる顔立ちに驚かされたものですが、
慣れてたんですね。不思議と。

で、今電車に乗って家に帰っていたら、
地下鉄の中に片桐はいりさんそっくり、な人がいて
アーそうか、と思ったんです。

そう、中国には日本にはいない、面白い顔の人が沢山いるんです。
面白いというか、独特というか・・・。
ものすごく顔がでかかったり、頭頂部がまっすぐだったり・・・(笑)
人の顔を見て笑うなんて不謹慎ですが、地下鉄なんて乗った日には驚きの連発ですよ。

つくづく日本人って、現代人の顔していると思います。
ちなみに私の彼氏も、日本人の顔はわかるようで
お店で見知らぬ女子を(中国語をしゃべっていたが)日本人だと言い当てていました。

知り合いのSさんによると
新疆なんかに行った日には、吉田栄作や阿部寛が沢山いるそうです。笑
行きたい~。

中国人の面接
昨日、就職説明会で30人くらいの中国人の面接をした。
日本人、日系中国人なども含めるが、ほとんどは新卒の中国人だった。
1人につき3分から5分、長くて10分行かないくらいの軽い面談だったが
全体的に昨年にくらべ良くなっているような気がした。
皆、日本語がうまいし。
中には、語学能力以前の問題で人として感じの悪い不快な人もいましたが。

ただ全体的には
相当緊張する場面だと思うけど
外国語で面接を受けている時点ですごいし
そういう時に笑顔を見せてくれたり、ちゃんと興味を持って考えている質問ができるだけでも違うなと思った。

残念だが、
日本人のほうが消極的で
履歴書を持ってきていないのに不安そうに質問したり、
後ろのほうでたむろしてなかなか面接まで来ず
『うちのパパが電通のボスと知り合いで・・・』とかくっちゃべってるコギャルとか
どこが採用するんだよ?というような人が多いなと感じた。

そんな、辛口な私だが
会社のマネージャーなどで手分けして面接をした中で
私が一番甘かったようだ。

でも、感じのいい中国人のほうがよっぽど一緒に働きたい感じがしたな。
だから青田刈りすべきなのではないかな?
3分や5分で大体の人となりは判るけど、
ベンチャーなんだから大手企業にとられる前にいい人材は引き止めておかなきゃ!
と思った。


軌道修正
ちょっと前の日記に書いていた通り
私は今の仕事をやめ、留学をするつもりでいました。2月末に。半年間だけ。
(あ、そこまでは書いてなかったっけ?実はそのつもりだったんです。)

今の仕事では、なかなか忙しくてきちんと勉強する時間も取れず
(自分のせいでもあるが、実際やることが多い)
中国語を使う機会もすごく少なかったから、きちんと勉強しておきたいなと思って。

ただ、貯金を切り崩す事とか、生活費や贅沢できなくなることに対する不安、仕事を一時ストップする不安などが付きまとっていたんです。

でも会社以外の人や友達に相談して、いいじゃん気楽な学生楽しいよとか留学経験者に言われて
一応学校まで決めてたんです。あとは申し込むだけのところまで決意は・・・。
(ちなみに中央戯劇学院にしようとしてました。やはりミーハーな私です)




それが今日、です。




夜、昔の営業部長(中国人男性・日本語ぺらぺら)と久しぶりにあって
コーヒーを飲んで近況を語り合っていました。
そこで今後の方向性について相談してみたのですが、
『ダーメー!』といわれてしまいました。
理由は以下
■勉強するために学校に行くだなんて無駄。
■学校で勉強する会話なんて使えないことのほうが多い。
■ブランク長いと中国でやっていく自信がなくなる。
 (半年でも働く感覚にぶくなる←実際現在無職2ヶ月の本人の意見)
■今のキャリアを活かしたほうがいい。
■時間とお金の無駄使い。

今まで相談していた人たち(日本人と韓国人&台湾人)にはまったく言われなかった意見ですごくショックでした。だって私だってかなり考えてたんだもん。あまりにも頭ごなしにダメといわれるので、ちょっと悲しいくらいでした。

で、彼は、こういうのです。
■残業のない仕事を探せ。それで週三回とか塾行けばいい。
■周りが中国人ばかりの職場を探せ。日本語教師したら?
■もしくは、会社が勉強する機会を与えてくれるような仕事に就いたら?
■給料もらいながら勉強できる環境なんて、最高じゃん。

とかく中国人は、何よりもお金を大事にするといいますが
私は結構ハードな仕事環境ばかり選んできたようなところがあり
楽したいくせに、そんな考えでいい仕事ができるのか?と思ってしまう心もあり。

ただ、この元上司は中国人ですが妙に影響力があるというか説得力があるところがあるので、
そうかもな~と思ってしまいました。



で決意がグらっと揺らいで、先ほど彼氏に相談したところ
実は彼氏(台湾人)もそう思っていたようです。言わなかっただけのようで・・・。泣
ただ、次に探す仕事は、あまり負担の少ない仕事にしたらどうよ?とのことでした。

たしかに帰りが10時11時ってのは疲れるんだよな、いい加減。
なんかもっと余裕を持って仕事がしたいな。
楽したいとも言うけど(苦笑)
あ、でも、出張のある仕事がしたいわ!
(ちょっと前まで新しい仕事するのなんて面倒だと思っていたのに、これです。)

まあ、留学はペンディングにして、気楽な気持ちで色んな仕事を探して受けてみようかなと思います。
北京の方、いい仕事あったら紹介してください!

明日は会社の就職説明会で面接官です。(こんな胸のうちを秘めて、ですが・・・)
少なくとも、いる間はちゃんと仕事に向き合えるよう頑張ります。

イライラ・・・
今日、
普段は仲の良い友達で
元同僚であり現在クライアントである子とバトって、ブルーな気分になりました。

人と人って馴れ合いになっちゃう部分もあったりするから
気をつけないといけないんだけどね。

まあ、どっちもどっちって感じなんだろうけど・・・。
ああでも!
彼女の言い分(クライアントとしての)に自分勝手さが感じられ
いまだにぐつぐつが収まりません。
なんでしょうね…。
早く収まれー!もしくはどこかで叫びたいっ!

そんな今夜22:20、
無性にネギトロ丼が食べたくなって
江戸前寿司というすし屋に買いに走ってしまいました。タクシー飛ばして。

残念ながらネギトロ丼はなく、ちらし寿司になったけど。
うまかったー!
けどなかなか寝れない(食べ過ぎたので)

一ヶ月に1回くらい、贅沢して大人買いしても、いいかもね。
ストレス溜まると寿司が食べたくなるのは私だけではないようで
後輩のN君も嫌なお客さんのアポのあとによく食べるそうです。

なんか効果あるのかしら???


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。