北京で働くことになった女の日記。 異国に住む事と働く事って、こんなに辛くて、そして楽しい。



北京的天気

Click for Beijing, Beijing Forecast



東京の天気

Click for Tokyo, Japan Forecast



カテゴリー



月別アーカイブ



コメント感謝!



リンク集



トラックバック

アダルト系は、独断で消去します。2007/4ヒサ子



RSSフィード



介紹一下(プロフィール)

ヒサ子

Author:ヒサ子
birth~1998年広島在住。
1998~2006年東京在住。
2007~北京在住予定。

好きな食べ物:セロリ、大葉
マイブーム:ひきわり納豆    



直接メール!

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒサ子、香港へ行く。~1日目~すべては宿から
8月、少しだけ夏休みをもらったので香港に行ってきました。
日本に帰るには短いし、どうしようかなと思ってボーっとしていたんです。
そしたら、ちょうど好朋友のHちゃんがZビザの申請をしなければならない、今北京は申請が厳しくて出来ない、ということで、
香港に行くというので、着いていきました。はい。

香港といえば、私のイメージでは100万ドルの夜景、ポストカードのあれです。小さいころ従兄弟のおじさんが香港の夜景のスライドをくれて、まさに宝石箱をひっくり返したようなところだな、というイメージでした。
航空券をHちゃんの上司に手配してもらい、それ以外は何も決まっておらず。無計画な女二人旅はどうなることやら。

【1日目】
香港国際空港に到着したあと、観光客よろしく『地球の歩き方』を持った二人は、Hちゃんの勘で宿を決める。
その名も『ラッキーハウス』。
ちょっとやな予感がするけど、お金のない私達、佐敦(ジョーダン)にあるその宿へ直行した。
日本人経営の安全ドミトリー。一泊60HKDと破格の安さ。
宿は繁華街の一角にあった。
手書きの看板とおぼしきものがぶら下がっている。
蛍光灯が点滅するぼろい階段を上る。
木のドアをあけろとそこは、なんて場所!

バックパッカーが談笑中。
白いタンクトップのおじさんが色々説明をしてくれる。
奥にレディスルームという仕切りがある。中は三畳くらいか、小さめの二段ベッドが二つ縦横に配置されている。

とりあえず色々案内されて、ごはんを食べに繰り出す事にした。
二人で歩いて探す事三十分、
『落ち着きたいね・・・』ということで日本料理屋『富田』に到着。

ラーメンをすすりながら、本題に入る。
ヒサ子『んっと、無理じゃねえか?笑』
Hちゃん『うん、面白いけどね。妙な適応力でオッケーしちゃったけどさ。笑』

というわけで、私達、香港を旅するバックパッカーの方には申し訳ないけど、逃げました!逃亡!ごめんなさい、おじさんっ!
バックパッカーじゃないし!もう旅人には戻れない・・・。残念!
その宿でおじさんが寝ている間にバックパッカーに教えてもらった他の宿に行く。
一応個室、6畳にベッド二つとユニットバス(バスなし)を220HKD(1人110HKD)。

なんて快適。白いシーツと空調。テレビも有るぜよ!

というわけで、とっても先が思いやられる旅の始まりでした。
明日はHちゃんがZビザの申請に行く日。はたして本当に取れるのか???

乞うご期待!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。