北京で働くことになった女の日記。 異国に住む事と働く事って、こんなに辛くて、そして楽しい。



北京的天気

Click for Beijing, Beijing Forecast



東京の天気

Click for Tokyo, Japan Forecast



カテゴリー



月別アーカイブ



コメント感謝!



リンク集



トラックバック

アダルト系は、独断で消去します。2007/4ヒサ子



RSSフィード



介紹一下(プロフィール)

ヒサ子

Author:ヒサ子
birth~1998年広島在住。
1998~2006年東京在住。
2007~北京在住予定。

好きな食べ物:セロリ、大葉
マイブーム:ひきわり納豆    



直接メール!

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大和民族。
昨日も今日も社内での仕事に追われていたので、会社でお昼を食べる事になった。
こちらはどんな飲食店でも大体配達してくれる。ラーメンもカレーも、うどんもだ。配達料は2キロまでなら、かからない。

今日は中国人の上司と同僚と日本人との4人でご飯を食べた。
近くの四川料理屋に頼んで。上司がおごってくれたので値段は分からなかったが、かなり量の多い5品と4人分のこれまた多いご飯で、1000円かからないらしい。
もりもり食べながら、こんな話が出てきた。

私の会社の社長は日本人である。
私は、彼が先日中国語で中国人スタッフ達を叱咤していた時、最後に『ハオマ?(分かったか?いいか?)』と叫んで問いかけ、その後中国人スタッフ達が『ハオ!(わかりました!)』と大声で言っていたのを聞いていた。
その話をしたら、中国人上司はこういうわけだ。
『そんなハオ!なんて、俺の方がうまいに決まってる』と。

どういうことなのかというと、彼が言うに、大和民族は外に厳しく、漢民族は孔子の教えでゆったりしている、ということ。中国のその昔の様々な戦争は、ほとんどが少数民族が行った戦いであって、漢民族は争うということをしない民族ということらしい。

大和民族の“外に厳しい”という意味が分からなかったのだけれど、要するに会社とか大学とか組織に属する時、上司や先生の教えや命令は絶対で、素直に従うのが大和民族である。
しかし漢民族は上に従うといった発想がなく、あまりに言うと反発するから、逆にうるさく言わないようにして放任にしておく。その方が素直にやるという事らしい。でも放任にしすぎたら適当にやるから、管理が難しいのだ。

だから、漢民族である自分の方がよっぽど、漢民族的な管理ができるということらしい。本当に、そうなのかもしれない。

確かに周りを見ていても、かなり放任主義である。
優しいというか、怒らないのである。
たとえ何か怒られたりする事があっても、あせらず騒がず、後でこっそりと笑い話にしたりするのが、彼らのいいところだ。大体のことでは、けして深刻にならない。
逆にこちらが怒ったり焦ったりしている時は、まったくもって暖簾に腕押しなので、もっそいムカつくのである。緊張感がないのである。
二ヶ月中国にいて、すごく焦っていたり威圧的な中国人っていうのに出会った事がない。どちらかと言えば焦っているのも怒っているのも威圧的な人も、私を含めた日本人であるような気がするのだ。
そんな話がミーファン(御飯)をつつきながらボソッと出てくる時、面白いなと思うのである。

さて、中国に来てそろそろ2ヶ月になる。
最近、日本の映画やドラマといったメディアに少し、飢えている。
そして、特に最近気になるのは戦争モノである。そんなキャラクターではなかったのだが、異国にいるからなのか…。
民族やそれにまつわる戦いや過去の歴史というものが気になるのである。

『俺は、キミのためにこそ死ににいく』という映画が日本では公開されるそうであるが、内容は全く知らないが、『俺キミ』という略称が『せかちゅう』みたいな気がして、少し感覚的についていけない。セカチュウも、あまりついていけなかったのだけど。

そういった刹那的な世界観が流行ったりする、憧れる気持ちも分からなくはないが、なんかそういうのが流行る世の中があるとしたら、その世の中はやっぱり怖い気がする。
例えば私はとてもおばちゃん臭いが、泣ける2ちゃんねる、とか、全く泣けないのである。最初見たとき、あれが流行っていると聞いてびっくらこいたものだ。
なぜ人の不幸に心酔して泣けるのかが分からなかった。そんなの、残酷な話に憧れる幼さ、若さでしかないんじゃないだろうか?と。

まあ、『俺は・・・・』に関しては内容知らないんで、題名にひっかかってるだけなんですけどね。でもこの名前、やっぱ怖いんですよ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ルーツの違い、ってものは深いんですねえ。
日本人って概ね忙しくしておかなくっちゃあ不安、ってとこもありますからねえ。脳天気だとヒンシュクもんですわ。
他国に身をおいて、いろいろ吸収してね!
HP新しいの途中ですが見て下さい。

http://space.geocities.jp/yonchoumeclub/
【2007/04/22 11:44】 URL | 宙子 #nfrv3D2I[ 編集]

北京に降り立って、もう2ヶ月になるんだぁ。
いやぁ~~、早いもんだね。

うちも、一時期ちょっと日本のメディアに飢えた時期があって、
パソコンで見てたっ。

でも、うちが使ってたところは、無料ぢゃなくなったらしいわ。
悲しいわぁ~~~。

何故か『ラブジェネレーション』見て、泣いてたもんね。
リコぉぉ~~~っ!
【2007/04/22 22:49】 URL | chekko #-[ 編集]

宙子さん
そうなんですよ。大和民族と漢民族は見た目は似てても全然違うみたいです。でも焦るってのは準備不足から来ることが多いものなので、事前に準備できてるといいだけなんですよ。
HP見ました。動画とボサノバギター音が、なかなkイイ感じですな。

chekkoさん
そうなんです!もう早いもので2ヶ月記念日を迎えますよ。すごく時間が経つのが早いです。パソコンで見れるサイトがあるのですか?
まあ、なんていうか、今今のドラマやバラエティが見れないことに対する焦りのような感覚が少しだけあります。
どんどん日本から離れていく~!




【2007/04/22 23:29】 URL | ヒサ子 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。