北京で働くことになった女の日記。 異国に住む事と働く事って、こんなに辛くて、そして楽しい。



北京的天気

Click for Beijing, Beijing Forecast



東京の天気

Click for Tokyo, Japan Forecast



カテゴリー



月別アーカイブ



コメント感謝!



リンク集



トラックバック

アダルト系は、独断で消去します。2007/4ヒサ子



RSSフィード



介紹一下(プロフィール)

ヒサ子

Author:ヒサ子
birth~1998年広島在住。
1998~2006年東京在住。
2007~北京在住予定。

好きな食べ物:セロリ、大葉
マイブーム:ひきわり納豆    



直接メール!

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国人の面接
昨日、就職説明会で30人くらいの中国人の面接をした。
日本人、日系中国人なども含めるが、ほとんどは新卒の中国人だった。
1人につき3分から5分、長くて10分行かないくらいの軽い面談だったが
全体的に昨年にくらべ良くなっているような気がした。
皆、日本語がうまいし。
中には、語学能力以前の問題で人として感じの悪い不快な人もいましたが。

ただ全体的には
相当緊張する場面だと思うけど
外国語で面接を受けている時点ですごいし
そういう時に笑顔を見せてくれたり、ちゃんと興味を持って考えている質問ができるだけでも違うなと思った。

残念だが、
日本人のほうが消極的で
履歴書を持ってきていないのに不安そうに質問したり、
後ろのほうでたむろしてなかなか面接まで来ず
『うちのパパが電通のボスと知り合いで・・・』とかくっちゃべってるコギャルとか
どこが採用するんだよ?というような人が多いなと感じた。

そんな、辛口な私だが
会社のマネージャーなどで手分けして面接をした中で
私が一番甘かったようだ。

でも、感じのいい中国人のほうがよっぽど一緒に働きたい感じがしたな。
だから青田刈りすべきなのではないかな?
3分や5分で大体の人となりは判るけど、
ベンチャーなんだから大手企業にとられる前にいい人材は引き止めておかなきゃ!
と思った。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
お久しぶりです。
何度か見には来ているのですが、なかなかコメントがかけずにいます。
これからも、見るだけの時が多いと思います。
では!!
【2008/11/30 23:23】 URL | 浪漫飛行 #us2hmNns[ 編集]

浪漫飛行さん

ご無沙汰してます!お元気ですか?
私は相変わらず元気です。
私も最近あまりのぞいていないのでまたお邪魔させていただきます。
では~!
【2008/12/08 23:58】 URL | ヒサ子 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。