北京で働くことになった女の日記。 異国に住む事と働く事って、こんなに辛くて、そして楽しい。



北京的天気

Click for Beijing, Beijing Forecast



東京の天気

Click for Tokyo, Japan Forecast



カテゴリー



月別アーカイブ



コメント感謝!



リンク集



トラックバック

アダルト系は、独断で消去します。2007/4ヒサ子



RSSフィード



介紹一下(プロフィール)

ヒサ子

Author:ヒサ子
birth~1998年広島在住。
1998~2006年東京在住。
2007~北京在住予定。

好きな食べ物:セロリ、大葉
マイブーム:ひきわり納豆    



直接メール!

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どしゃ降りの午後。
昨日北京は大雨が降った。
雨の中、とあるローカル店にいた私と上司は、帰る事も出来ず立ち往生。
そこはとても大きなところだったんだけど、飯店もなく昼も食べられず。もうその辺の椅子に座らせてもらって、その辺のシャオマイブーで買って、カップらーめんでいいのに、上司はどうしても嫌だと言う。どうしてこんな時に体裁を気にするのだょ、私はもう、どうだっていいよ。と思う。
腹が減ると不機嫌になる。
もう飢えてしまいそうさ。

雨が降ると北京は大変。
昔の日本の様に、水たまりがたくさん出来る。
お気に入りのサンダルが土にまみれるし、タクシーを降りる時、うっかり水たまりに足を突っ込んでしまう。昨日は大変だった。足を何度も洗った。

今日はすっかり天気がよさそうなふりをした空。
雨は降っていない。
でも念のため、あのサンダルは履かないで行こう。
油断ならない最近の北京。

スポンサーサイト

16番
みーつけちゃった、みーつけた。
私のカワイイ娘♪

常楽堂の16番。
現代城の常楽堂。
めっちゃうまかった。ちょっとかわいいし。

今日は、吸玉をしたくて行ったが、結局足も。もうその時点でうまいのがよく分かった。
そして、アクロバティックな吸玉治療も、抜群にうまかった。
相場ではちょっと高いが、会社も近いし、またあの娘に施術されに行こう♪

ありがたい日々。
営業と言う仕事をしていると、売り上げとか件数とか、色々とあるけれど。
でも色んな人に会えるのが私はやっぱり好きです。
前職でつちかった名刺一枚で飛び込んでいく感覚、やっぱり好き。
こっちでもたまにやるけど(あんまり意味ないけどやりたいだけ。)

私の様にバイリンガルでもトリリンガルでもない人間は、どうしても日本の人と接する事が多い。
ちょっとアレ?っていう人も中にいるけど(笑)・・・、

でも大体、親切にしてもらってます。
こんな新米に、ありがたいなと思う瞬間も多く。
色んなところで元気をもらったりする。

なんか最近、色んなところでありがたいなと思う。
年か?いやきっと、異国で頑張ってる人が多いんだと思う。

だから言いたい。
ありがとう!

ギャンブルな世界。
今日、お気に入りのお客さんのところで話をしていた。
ご老人なのにとてもパワフルで、いつも元気をもらうMさん。

いつもの様に用事が済んで、何てことない話をしていたら、いきなりこんな事を言われた。
「ヒサ子さん、中国で●●(今の仕事)だけしてちゃだめだよ。もっと一発やってやろうとか、考えてごらん。男でも女でも関係ないさ。そうだ、金持ちの中国人がいるから、一度紹介したげるよ。」
・・・と。

私は、まったく自分で商売をはじめるとか興味もないし考えたこともないが、帰りのタクシーで、そのおじいさんの事をとても信頼しているので話を聞く位は良いかなくらいに思えた。

日本人が中国で何かをするには、中国人のパートナーがかならず必要なのだ。どういうことなのか、肌感覚で知っても良い気がする。
しかし、だまされている人や、苦労している人も多い。
だから、「お金を出すまで油断するなよ」ということらしい。

なんてギャンブルな世界。
でもきっとみんな、面白いことが出来そうな気がして、やっちゃうんだろうね。

駐在員奥様と深夜のマラソン
今日友達の開いた会に参加した。
日ごろ接しない奥様と、以前他の会に参加した時に出会った、洗練されたバーのママ。
どっちが幸せなんだろう…。
それは天秤にかけられないけれど。
悩める年頃。

家に帰ったとき、ちょうどタクシーからみえた、マラソンする制服の集団(マンションの下で見張っている警備員達)。
うん、深夜12時にやらなくてもいいんじゃないか?
もう、こういう意味不明の事態に慣れて来たけれど。


Yマッサージとホットパンツ
先週の土曜、Yマッサージというところに行った。
北京にたくさんあるマッサージ店の中でなぜそこを選んだのかと言うと、その時いた三里屯に近かったのと、スパメニューが安かったから。(spa+垢すり+オイルマッサージ=268元)

その店は、なんとも分かりにくい場所にあった。
運転手も知らないようなマンションの一室。
隠れるように3階からしか行けない2階という複雑なつくり。
ドアに看板なし。

入ると小姐が3人、ブラックミニのワンピで、リビングでテレビ鑑賞中。
案内される前に、お風呂が見えるが、普通の家のお風呂のようだ。まさか、と思う。
廊下の先に見える乱れたベッド。
案内された部屋には、これまた大きなダブルベッドが。
隅っこのマッサージチェアに座らされ、しばし待つ。

お風呂を入れる音…ジャー。

おうち風呂でところ狭しと座ったり立ったりして、垢をすられる。
塩をすりすり。何かを塗り塗り。
マッサージはもちろん、ダブルベッドで。たまに小姐の素肌が当たるのが気になる。
・・・。





ありゃ、正真正銘エロマッサです。



p.s.次の日、北京が暑すぎてホットパンツを購入。
  齢27歳にして、イケイケ姉ちゃんの出来上がり。
  いいの、ホットパンツ女、たくさんいるから目立たないよ全く。


ちょっとマジメな話
最近、私はちょっと迷っている。

新しい組織や環境で働いていく中で感じる
「自分自身の仕事への取り組み方への迷い」
「4ヶ月目の熱意切れか?」
「中国人との意思疎通の難しさ」
「上から下まで報連相が出来ない組織への不満」
「日本人上司のマネジメントに違和感」
「営業部のやることが多すぎる事への不満」
「現場の長期的計画性の乏しさ」
「新卒への教育がOJT過ぎることへの危機感」
など、ボロボロと自分自身の問題も含め、迷いや不満がたまっている。

今私のいる会社は、小さな組織から大きな組織になろうとしている。
色々な事が「人頼み」になっている。
一緒に働いている人は、好きなんだけど…これは好き嫌いの問題ではない。転職ってこういうこと細かなことに気づく事かもと思う。

まあ、朝からやる気なさげな発言だけど、問題に直面しては疲れてるので、意識的に、疲れないようにしようと思う。
停滞している時に考えてもいいものは浮かばないはずだ。
とにかく、自分がやれることを一個一個やっていこう。腐らずに。

瑛太が見たい夜。
今、家に帰ってきて、
妙に瑛太(※日本の若手俳優)が見たくなって
ヤフーで「瑛太」ってたたいてみたら
http://www.eita.jp/index.html
がーん!会員制かぁ。
登録してまで見たくなったんだけど、今夜はヤフーの調子がとても悪いらしく登録内容が確認できないのであった。

そんなに好きっていうわけでもなかったんだけど。だって、のだめだったらそりゃ千秋(玉木宏)でしょう。
まったく謎の欲求が今夜はあるよ。
以上、中国と全く関係ない話でした。
int03_img08.jpg


カメラギャル ジュディ
最近カワイイ子と知り合った。
カメラマンならぬ、カメラギャル・ジュディちゃん。
何歳だかはまだ聞いていないが、ピアスとか沢山しててカメラマンのくせに軽装(ミニスカとか、ワンピ)。
で、とにかくきゃぴっとかわいい。
彼女と話していると、なんて単純に、なんてフラットに人生を過ごしているんだろうと思う。とにかく「あっけらかん」としている。

深せん出身。
まだ3年前はカメラの勉強をしていたらしい。
北京は面白い場所だからいる。
アーティストが多いから。確かにアートの中心地だと聞いたことがある。

楽に生きている、楽をして生きているのではない。
気構えなく、ごく気楽に。
そういうとこかな。

彼女の生き方、いいなと思った。
会ったのは今日が二回目だけど、そういうところがなんか居心地良くて、きっと、仕事だけでなく付き合っていく気がする。

お局ヒサ子
いらいらするなあ。
と思っていた。

社会人って、責任を持つ事をいとわない事だと、思う。
色々うだうだ言っても構わない。
ただ当事者になって一生懸命やろうとすること。

やっぱ最初は難しいなのかな。
私が社会に出た頃も、確かに人とか上とか環境とかのせいにしたりしていたし。

やはり人を育てる、と言ったらおこがましいが、教えたりすんのって難しい。
向いていないのかもしれない。
けどつい色々しちゃおうとする。
自分も余裕ないけど前職の環境の産物なのか、そういうのに関して妙な使命感が抜けない。
けどねェ、困った時の使い捨てポイ、じゃないんだからさ私だってさ。・・・と思う事が、たまにあるねェ。
自分の仕事として諸雑務も覚えて欲しいなあ。人のせいにしないで、自分の仕事として捉えるというか。

なんてなんてなんて。今宵はお局発言ですねェ。

露出の季節
最近、天気がよくない。
はじめて北京に来た頃の様に、曇った日々が続いている。
つられてなのか、私の心もちょっと曇り空。
5月は爽やかで良かったのに!早く晴れてほしい。

最近、巷の女子の肌の露出が高いので気づいた事がある。
北京女子は背が高い&スタイルが抜群に良い。いつも見とれている。それは楽しい季節。
さっきも近くの美甲屋で足修(ペディキュア)を施していたら、来るわ来るわ。
無防備なビッグTシャツに濡れた髪でペディキュアをしに来る謎の女、ちょっとハイソな奥様系、ショッキングピンクな寝巻きのおばさん、目の前の八百屋で、信じられない程のミニスカートに高いヒールで野菜を買う女・・・みんなそれぞれ美しい。

昨日語学教室の後、近くの服屋で服を見た。
ちょっと寒い時にはおるカーディガンを探したのだが、そんなものは売っていない。とにかく出せという事か。寒い時はどうしたらいい。
北京はもう夏、なんですよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。